元AKB田名部が舞台降板 ノロ感染でダウン

2018年02月01日 17時27分

田名部生来

 元AKB48の田名部生来(25)がノロウイルスに感染し、7日から出演予定だった舞台「Oh!Tsukimi」を降板したことが1日までに分かった。

 関係者によれば、田名部は今週初めから体調が悪くなったという。1月29日に病院に行き「ノロウイルス感染」と診断された。

 30日深夜、ブログで「29日に急性胃腸炎で、およそ1週間の加療が必要と診断された」と報告。「本番前の集中稽古に参加できないこと、また回復後の体力低下も踏まえ、皆様に満足していただけるパフォーマンスを行うことが、不可能であると判断いたしました」と降板に至った経緯を説明した。そして「楽しみにしてくださっていたファンの皆様、舞台共演者の皆様、また尽力してくださっていた関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 田名部の代役は鈴木一加(24)が務める。