大竹まこと 長女の麻薬逮捕で謝罪「親の監督不行き届きであったと思う」

2018年02月01日 12時50分

会見で謝罪する大竹まこと

 長女(28)が1月末に大麻取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕されたタレントの大竹まこと(68)が2月1日午前11時半、東京・浜松町の文化放送で会見した。

 パーソナリティーを務める「大竹まことゴールデンラジオ」(月~金曜午後1時)の生放送を控えた大竹はいつになく神妙な面持ちで報道陣の前に立ち「娘が大麻取締法違反という犯罪をしてしまい逮捕されました。まあ、一生懸命に育てたつもりですが、私の仕事の関係もあり、十分に過ごす時間が少なかったのは否めません。親の監督不行き届きであったと思います。おわび申します。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、数秒間頭を下げた。

 大竹によると、長女は1月28日の夜に大麻を所持しているところを警察に見つけられ、翌日朝まで取り調べを受けた。長女はその足でいったん自宅アパートではなく、大竹の家に帰ってきたが、訪ねてきた警察から出頭を促され逮捕に至ったという。31日に10日間の勾留が決定したが、大竹は用事があったため、長女とはまだ会っていない。

 大竹は「信じていただけないかもしれませんが、娘は二度とこのような犯罪を犯さないと思っております。また、そのように家族で過ごしていきたいと思っております」と語った。