笹本玲奈 出産後初の会見にセクシー衣装で登場「過酷なダイエット頑張りました」

2018年01月24日 17時37分

笹本玲奈

 女優の笹本玲奈(32)が24日、都内で行われた復帰舞台「ジキル&ハイド」(3月3日から、東京国際フォーラム)の製作発表に出席した。

 同ミュージカルは、R・L・スティーブンソンの不朽の名作「ジキル博士とハイド氏」をベースにした作品で、笹本は娼婦のルーシー役を演じる。

 昨年10月に第1子出産を発表。出産後、初めて公の場に立った笹本は「一つ大きなことを乗り越えて、人間的にも女優としてもステップアップしていける時期なのかなと期待しています」と意気込んだ。

 同作には3度目の出演。これまではジキルの婚約者エマ役だったが、ルーシー役に代わった。この日は赤のスカートに黒を基調としたセクシーな衣装で登場。産後とは思えないほどのスタイルで、笹本は「過酷なダイエットをして頑張りました。パーソナルトレーナーの方と一緒に、妊娠中からトレーニングしていました」と明かした。

 ステージでは「露出の多いシーンもある」というが、笹本は「見るに堪えられるようなボディーに鍛え上げてきます。まだダメです。まだ(ぜい肉が)隠れてます」と笑わせた。