たけし 星野さんの熱血ぶりが見られないのは寂しいよ

2018年01月23日 11時00分

熱血漢だった星野仙一さん(右)

【本紙客員編集長・ビートたけしの世相斬り】元プロ野球監督・星野仙一さんが亡くなっちゃったね。同じ明治大学で同学年なんだけど、あの人ずっとオレのことを後輩だと思ってて、「おい、たけし」「お前よー!」なんて言ってたんだ。それでオレが「星野さん、同学年らしいですよ」って言ったら「ゴメン、たけしさん」。明治はそういうところが厳しいからさ。

 去年の夏ごろ、ラグビーの松尾雄治と3人で明治記念館に行って、3人のサインを入れる儀式があったんだ。その時は元気だったんだけどなあ。でも膵臓がんは治りにくいんだね。

 星野さんは、明治の野球部の島岡吉郎さんにガンガン鍛えられた人だよな。野球は島岡さん、ラグビーは北島忠治さん、この2人に鍛えられたのが星野さんと松尾だから。昔は根性論の練習で、すごかった。そんな鍛えられ方だったせいか、星野さんは熱血漢だったね。宇野勝がフライを頭に当ててヘディングした時、グローブを叩きつけて怒ってたけど、ああいうのがもう見られないと思うと寂しいよな。

 年末のダウンタウンの特番で、浜田がエディ・マーフィのまねで顔を黒塗りしたのが批判されてるっていうけどさ、何がいけないんだろうな? エディ・マーフィってそもそもコメディアンだろ? 昔は白人のアル・ジョルスンが「スワニー」って曲を歌う時に顔を黒塗りにしてたけど、その時は差別として扱われていたのかな。もっと黒人の立場が弱かったのか。

 でも、お笑いはこれから顔を黒塗りにしたらダメなのかな。爆発事故のコントで顔をすすだらけにするのも差別になるのか?