ジャルジャル「ABCお笑いGP」V で300万円ゲット 

2013年01月28日 14時00分

 全国のお笑い芸人の登竜門「第34回ABCお笑いグランプリ」の決勝は27日、大阪市内で行われ、「ジャルジャル」が優勝し賞金300万円をゲットした。


 普段はコントを主体とするジャルジャルだが、今回はセンターマイクを置いた正統派の漫才で勝負。軽快な掛け合いを見せ、高得点で栄冠をつかみ取った。


 後藤淳平(28)は「感無量。ラッキーです」と喜びを語ると、賞金300万円の使い道について「軽いパニックです。同じ色の原付を2台買ってしまうかもしれない」。さらに3月に第1子が誕生することもあり「最高級のベビーカーを買ってやります」とニンマリだ。


 一方、相方の福徳秀介(29)は女優の石井あみ(32)と破局が噂されているが「今日は漫才のことを書いてください」と明言を避けた。「これを機に結婚? ないです。しません。お笑いのキッカケですから」と否定した。


 また、所属する松竹芸能からの事務所移籍騒動の渦中にいる「さらば青春の光」は準決勝で敗退。出口で待つ、マスコミの対応を避けるように会場を後にした。