吉木りさが初単独ライブに涙

2013年01月27日 11時14分

 グラビア、タレント、歌手など多方面に活躍中の吉木りさ(25)が26日、東京・秋葉原の「パセラリゾーツAKIBA」で初の単独ライブを開催。昨年12月にリリースしたシングル「世界は教室だけじゃない」発売を記念したもので、抽選で選ばれた約300人のファンが集合した。


 冒頭で「吉木ワールドへようこそ!」と客席に呼びかけるなど、いきなりボルテージはMAXへ。バンド編成の「ボカロがライバル」など全11曲を熱唱した吉木は、アンコールでは「小さいころから歌手になりたかったんですが、みんなを笑顔にできる仕事に憧れて、今日こうして喜んでくれる姿を見れて本当にうれしいです」と涙を見せた。


 終了後の囲み会見では「お客さんの笑顔にパワーをもらいました。まだまだ自分自身が頑張らなきゃと思いますが、現時点では100点満点かな」と満足げに振り返った。


 初ライブをAKB48のお膝元・アキバで行ったことに、吉木は「(グラビアの)DVDのイベントとかでよく来るんですが、AKBさんはライバルという意識がないんですけど、芸能界はある意味みんな良きライバルですし、尊敬しています」と熱いエールを送った。