徳光アナが古巣日テレに毒ガス

2013年01月29日 16時00分

 日テレ元キャスター丸岡いずみ(41)と映画コメンテーター有村昆(36)の結婚披露宴(19日)には、芸能界仲間ら192人が出席。心温まる演出の数々だったというが、一方で丸岡の古巣・日テレに対する“恨み”が漂っていたという。

「日テレ関係の出席者が、報道局時代の上司にあたる人と藤田大介アナの2人だけだったそうなんです。キャスターを務めていた夕方ニュース『news every.』の出演者も列席していなかったことで、さすがに日テレへの恨みを感じましたね」(ある芸能プロ関係者)

 聞けばまた、徳光和夫アナ(71)のスピーチがスゴかったという。

「『いずみちゃんは滑舌は悪いけど、そこにかわいらしさがある。それに比べて他の日テレキャスターは、かわいらしさがない。辞めるのは本当にもったいなかった』とバッサリでしたね」

 徳光さんが暴走した背景には、出席者の誰もが抱いていたある思いもあるようだ。「丸岡さんはフランクな人柄で、誰からも好かれてました。それだけに徳さんも『(日テレが)どうして救えなかったのか』と、じくじたる思いが爆発したんでしょうね」(テレビ局関係者)

 実際、会場の至る所では丸岡が苦しんだ“うつ”について語られ、出席者たちは救えなかったことに対し悔しい思いを明かしていたという。近年、女子アナの流出が止まらない日テレは、この披露宴をどんな思いで見ていたのだろうか。