「まねきケチャ」9・24武道館ワンマン発表 紅白にも意欲

2018年01月08日 11時43分

東京ドームシティでワンマンライブを行った「まねきケチャ」

 アイドルグループ「まねきケチャ」が7日、東京ドームシティでワンマンライブを行い、9月24日に日本武道館で単独ライブを開催すると発表した。昨年6月のメジャーデビューから1年3か月での武道館公演は、女性アイドルグループとしてHKT48、BABYMETALに次いで史上3番目の速さとなる。

 MCに登場したプロデューサー・古谷完氏(44)はメンバーがインスタグラムを始めたこと、2月からの全国ツアーの日程、3月のまねきケチャの特番放送(CSテレ朝チャンネル1)を発表。最大のサプライズが「日本武道館 de まねきケチャ」開催だった。会場が歓声と拍手に包まれる中、古谷氏は「結成当初から夢の一つとしていた武道館ライブを開催することを決定しました」と発表した。

 リーダーの中川美優(22)は「ヤバイ」と絶句。宮内凛(19)は「腰が抜けそう…。最初の公演のキャパ200人でも大変だったのに、3年で武道館に行けるなんて、本当にうれしいです。藤咲真有香ちゃんの卒業とかあって、停滞していた気がしていたが、深瀬美桜ちゃんが入ってきてくれて感謝している」とコメント。昨年11月に加入した深瀬は「みんなみたいに2年半の積み重ねはないけど、これから必要な存在になれるよう頑張ります」と力を込めた。

 まねきケチャは〝顔面偏差値〟の高さと歌唱力で躍進してきた。この日はしっとり系、盛り上がり系、ロック系の新曲3曲を披露し、センター・松下玲緒菜(18)は「今のまねきケチャなら紅白に行けると絶対に思います」。リードボーカルの藤川千愛(22)は「いい楽曲をたくさんの人に届くように、誰よりもライブを楽しんで5人で紅白に出たい。その前に、武道館をソールドアウトしたい」と誓った。