指原が秋元プロデューサーのダメ出しに反発

2013年01月26日 11時00分

「AKB48リクエストアワー セットリストベスト100 2013」が25日、都内で開催された。ファン投票によって選ばれた上位100曲を100位から発表してパフォーマンスするイベント。2日目を迎えたこの日は、「フライングゲット」(54位)など75位から51位までが発表された。

 
 同日、秋元康総合プロデューサー(54)が「Google+」で初日(24日)のバラエティー企画にダメ出しを連発。「いつの時代の企画だろうか?」「オープニングの映像とダンスのシンクロもショボかった」「衣装替えの時間を稼ぎたいんだろうけど、つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、メンバーのぐだぐだトークの方がいい」とバッサリだった。
 
 これを受けて、この日の企画は急きょ変更。MC担当に任命されたたHKT48の指原莉乃(20)は「企画が変更になって、スタッフさんは大騒ぎですよ。私のところにも秋元さんからメールで指令が届いたんです。こじはる(小嶋陽菜)さんがマジシャンショーをやる予定で練習してましたけど、それもなくなりましたよ」と明かした。
 
 その一方で、怖さを知らない指原は秋元氏の指摘に不満顔だ。「昨日のMCが大不評だったみたいですね。でも、メンバーの着替えとかもあるし、グダグダになるのはしょうがない部分もあるんですよ。きっと大人が叩かれたくないんでしょうね!」と反発していた。
 
 予定通りのバラエティー企画では“百獣の王”を目指すアスリートタレントの武井壮(39)が登場した。
 
 次世代メンバーといわれる島崎遥香(18)や川栄李奈(17)らに武井は大島優子(24)や篠田麻里子(26)らの“倒し方”を伝授。「潰すつもりで来て」発言で注目された篠田には「飼っているペットを狙え!」と“禁じ手”を使うことを訴えていた。
 
 また、2月20日発売されるニューシングル「So long!」に収録されたチームAのカップリング曲「Rudy(ルビー)」が初披露された。