【紅白】ウッチャン本音ポロリ 桑田佳祐に「直接会いたかったよ~」

2017年12月31日 23時57分

中継で出演した桑田佳祐

「第68回NHK紅白歌合戦」(NHKホール)の最大の目玉で今回が“ラスト紅白”となる安室奈美恵(40)、4~9月期の朝ドラ「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を歌った桑田佳祐(61)も、それぞれ中継先から歌声を届けた。

 総合司会の内村光良(53)が「平成という時代を象徴する歌姫でした。まずは、25年間の歌手人生の軌跡をご覧ください」と紹介すると、安室が18歳で初出場した紅白、20歳での結婚・妊娠、出産後初ステージとなる1998年の涙の紅白などを映像で紹介した。

 その後、白いジャケットに白いウエディングドレスのような大きなスカート姿でたたずむ安室が、特設スタジオから中継で映し出された。

「こんばんは~、安室奈美恵です」と第一声を発した安室。18年9月に引退する心境を問われると「とにかくいろんなことを経験させていただいて、充実した25年になったと思います」。さらにファンに向けては「引退の日までよろしくお願いします」とあいさつし、16年のNHKのリオ五輪テーマ曲「Hero」を特設スタジオで熱唱した。

 また、紅白の随所で放送された「ひよっこ」のスピンオフドラマに出演し「涙くんさよなら」を“サービス歌唱”した桑田は、カウントダウンコンサート中の横浜アリーナから中継で出演。親交のある内村との掛け合いでは「ウッチャンいたの?」ととぼけると、内村は「直接会いたかったよ~」。本心が漏れた瞬間だった。