香取慎吾つぶやきが思わぬ炎上 悪意ナシも“上から目線”に批判

2017年12月29日 11時00分

ツイッターでつぶやいたひと言で批判を浴びた香取慎吾
ツイッターでつぶやいたひと言で批判を浴びた香取慎吾

 9月にジャニーズ事務所を退所してから獅子奮迅の活躍を見せている元SMAPの香取慎吾(40)だが、今年、最後の最後にきてミソを付けてしまった。ツイッターでつぶやいたひと言が“上から目線”だと猛批判を浴びているのだ。これまでジャニーズに所属していた時にはSNSが禁止されていたからこそ、この手の失敗はなかったが、ツイッターをやらざるを得ない今となっては、大きな足かせにもなりかねない――。

 11月に放送されたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」をキッカケにツイッターを始めた香取は、ネットNGだったジャニーズ時代とは180度転換して積極的に発信している。ファンからはおおむね好評だが、26日のツイートが思わぬ批判の的に。それは「出勤の人の流れみて色がないなぁ.と俺は色だらけなんだなぁ.と思う朝」というものだ。

 香取はこの後「心カラフルな一日でありますように!」と明るく続けているだけに、特に悪気はないのだろうが、ダーク系のスーツを着て出勤する人々を“上から見下ろしている”と取られても仕方がない表現なのは事実。案の定、ネット上はこのツイートをめぐって大荒れ。批判的な意見もかなり多かった。

 注目タレントのツイートだけに即座に反応した人は少なくない。当然、香取を“信奉”するファンからは「本当だよね」「カラフルな毎日を過ごしたいよね」と賛同する声も出ているが、むしろ、この発言を「一般の人を見下した」と捉える人のほうが多い。「アイツらには色がない、オレには色がある、というふうにしか聞こえない」や「こうやってサラリーマンが稼いで、CDを買っているんです」「こういうことを平気で言える40代の男がいるからSMAPは解散するんだろうな」と批判的な見方が圧倒的だ。

 香取も数時間後には「今日も勉強になるお言葉を沢山いただきました いくつになっても日々勉強」と“反省”とも取れるツイートをしているが、芸能関係者は「悪意がないにしても、やはり不用意なツイートと言わざるを得ない。家族を食べさせるために着たくもないスーツを着て必死で働いているサラリーマンからしたら、SMAP時代にサラリーマンの生涯賃金くらいを軽く1年で稼いでいた香取にそんなことを言われたくないでしょう。反発するのは当たり前。ジャニーズ時代はSNS禁止だったのでこんなことはなかったのですが、ツイッターをやる以上は、本人も周囲も気を付けなければなりません」と指摘する。

 それでも地上波など既存のメディアでの活動が制約されている中、SNSは大きな活躍の場。やめるにやめられないツールとなっているだけに、同様のことが起こる可能性がないとは言えない。

「今はジャニーズ時代にできなかったネットでの活動が、ファンだけでなくファン以外の人にも新鮮に捉えられていますが、SNSなどの活動が当たり前になっていけば、それこそ、こういったマイナス面だけが大きくクローズアップされかねない。“炎上商法”と覚悟してやっているタレントも一部ではいるでしょうが、そうでなければ、ある意味、温室育ちですからね。慣れていない分2、3度同じようなことが起きてもおかしくない」とある芸能プロ関係者は不安視する。

 最近の香取は“天敵”とも言える「週刊文春」(27日発売)で萩本欽一と対談するなど、ジャニーズ在籍時にはとても考えられなかった活動もしている。ジャニーズ時代より自由は増えたが、その分多くの責任を負わなければならなくなったのもまた事実だ。

 年末に香取が見せた小さなほころびが来年、大きくならなければいいのだが…。

ピックアップ