ゴクミ息子 鈴鹿サーキットで“父子共演”

2017年12月27日 17時26分

ジュリアーノ・アレジ(左)と父ジャン・アレジ

 女優・後藤久美子(43)の息子ジュリアーノ・アレジ(18)が元F1ドライバーの父ジャン・アレジ(53)とともに2018年3月、三重県の鈴鹿サーキットに来場しデモ走行などを行うことが27日、わかった。 

 国内モータースポーツシーズン開幕前の恒例イベントとなっている鈴鹿ファン感謝デー(3月10、11日)は、4年連続でアレジ親子が登場。F1日本グランプリ開催30周年のゲストとしてトークショーも行う。

 ジャン・アレジは1990年代に“音速の貴公子”といわれた故アイルトン・セナさんと互角に渡り合った天才ドライバー。日本ではテレビCMに出演するなど人気が高い。

 ジュリアーノ・アレジは16年からフェラーリの育成プログラムに所属し、16、17年はGP3シリーズに参戦。F1ドライバーを目指している。

 母のゴクミは1986年、NHK「テレビの国のアリス」ヒロイン役で女優デビュー。「第24回ゴールデンアロー賞」放送・新人賞を受賞し、「国民的美少女」をうたい文句に「美少女ブーム」を巻き起こした。映画出演作に「男はつらいよ」「ガラスの中の少女」「シティーハンター」などがある。

 娘のエレナ・アレジ・後藤(21)も18年から日本を拠点にモデル活動することを公表しており「ゴクミ&アレジの遺伝子」が大活躍しそうだ。