「星座百景」ペナルティー解除で来年2月に新曲発売

2017年12月25日 11時48分

クリスマスライブを行った星座百景。後列は研究生

 12星座をモチーフにしたアイドルグループ「星座百景」が24日、都内でクリスマスライブを開催し、来年2月に新曲をリリースすると発表した。

 この日はメンバーと研究生全員が担当カラーのサンタコスチュームで登場。感謝のプレゼントとして「アテナ百景」を披露した。また、教皇(プロデューサー)からのビデオメッセージが公開され、来年2月に新曲「会社員5000万パワーズ」をリリースすることが発表された。今年8月の「アテナ祭200」で動員目標を達成できず、新曲封印のペナルティーを科されていたが、半年ぶりの封印解除にメンバーとファンから歓声が上がった。

 プレゼントはこれだけではなかった。「無料ライブ」の告知では、スクリーンに映し出された「アテナ祭200」の数字がスクロールされ、200→300→400とどんどん上昇。ようやく500でストップし、来年4月に都内の東京キネマ倶楽部で観客動員500人を目標とする「アテナ祭500」を行うことが発表された。

 同グループは10月に観客動員200人をクリアし、星座百景ブラックに強奪された「IWGP(アイドル・ウォーズ・グランプリ)」ベルトを奪還。活動休止の危機を乗り越えたが、次のミッションは一気に2・5倍に跳ね上がった。最大の試練を課されたメンバーだが、「必ずクリアします」と、500人動員に向けて気合を入れた。