大野拓朗「わろてんか」と主演舞台の掛け持ちも「めちゃくちゃ楽しくて刺激的」

2017年12月22日 21時00分

大野拓朗(左)と染谷俊之

 俳優の大野拓朗(29)、染谷俊之(30)らが22日、舞台「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」の取材会に出席した。

 同名の小説が原作で、2000年にはドラマも大ヒットした同作が今回、初めて舞台化された。

 主演の大野は「プレッシャーは特にないです。初のミュージカル化ですし、(ドラマとは)また別のものになるのかなと。ものすごい臨場感の中で踊っているのが、ものすごくかっこよく見えるんじゃないか、と思います。(池袋は)俺の庭なんで。大学も立教だったし」と自信をのぞかせた。

 大野は現在、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の撮影中で「掛け持ちは大変? はい、おかげさまで。どっちの現場もめちゃくちゃ楽しくて、刺激的です」。染谷は元気いっぱいの〝座長〟大野を見て「稽古場をすごく明るくしてくれる」と称賛した。

 東京芸術劇場で23日~来年1月14日まで。その後は兵庫公演を予定している。