LOUDNESS二井原実が最新アルバムをアピール「進化しているロック魂を感じてくれ」

2017年12月22日 18時55分

ロックバンド「LOUDNESS」

 往年の4人組ロックバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」がリリースしたCD4枚組アルバム「8186 Now and Then」が、注目を集めている。

 LOUDNESSは去年から今年にかけてアルバム「8186 LIVE」(1986年)を再現する全国ツアーを開催。今回のアルバムには、同ツアー最終日の4月13日に東京・江東区のZepp Tokyoで行われた「LOUDNESS JAPAN Tour 2017 “LIGHTNING STRIKES” 30th Anniversary 8117」の模様などが収録されている。

 ボーカルの二井原実(57)は「『LOUDNESS』は84~86年にかけてワールドツアーで欧米を熱狂させた。『8186 LIVE』が撮影された86年はメンバー全員が20代半ばで、バンドが最も勢いがあり、輝いていたころだ。あの時から30年の年月がたち、16年に『8186 LIVE』の“再現ツアー”を敢行し、その全貌をレコーディングしたのが『8186 Now and Then』である。まだまだ進化しているロック魂を感じてほしい!」と熱く訴えた。