• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > AKB河西“手ブラ”騒動で講談社の損害数億円か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB河西“手ブラ”騒動で講談社の損害数億円か


 AKB48から卒業を発表した河西智美(21)のソロ写真集「とものこと、好き?」の発売がいったん中止されることが明らかになった。2月上旬の発売を予定していたが、関係者の話し合いがまとまらないため、出版元の講談社は、見合わせを決めた。

 事情に詳しい出版関係者は「写真の差し替えや回収など(講談社の)損害額はすでに億単位になっています。(漫画雑誌の)ヤングマガジンの発売延期もありましたから、損害額はさらに膨れ上がってしまう」と語る。

 また、今回の騒動に対する“損害”は単に写真集や漫画雑誌にとどまるものではないという。

 写真集と昨年のソロデビューシングル「まさか」と連動した企画も進んでいたが「今回の件で一連の動きが止まってしまったと言います。他にも彼女は、競馬の企画で優勝したことからAKBの“ラッキーガール”と呼ばれてきた。AKBを卒業した後も優勝に絡めたいろいろな企画が挙がっていたが、実現は難しくなった。目に見えない損害は計り知れない」(前同)

 この写真集は、少年の手が河西の胸を隠す表紙写真が「児童ポルノ禁止法に抵触する可能性がある」とされた。河西が“手ブラ”をやらされたという声もあるが、前出の出版関係者は「それは断じてありません。むしろ『ソロとしての覚悟を見せたい』『AKB時代のイメージを壊したい』という彼女の意向を受けてのチャレンジでもあったんです。すごく前向きに撮影に臨んでいただけに…余計に彼女が心配です」と語る。

 講談社は表紙や内容を差し替えて発売することを検討するというが、果たしてどうなるのか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!