“路線バス不倫騒動”太川&藤吉「超速謝罪」の裏にベッキーの教訓

2017年12月15日 16時30分

号泣謝罪した藤吉(右写真)と平野早苗リポーターとルイルイポーズを決める太川

 週刊文春で“路線バス不倫騒動”を報じられた女優の藤吉久美子(56)と夫の太川陽介(58)が14日、別々に会見を開いた。先に取材陣の前に立ったのは太川で「妻を信じます」と連呼。同日深夜には福岡から帰京した藤吉も羽田空港で取材に応じ、おえつを漏らしながら涙の謝罪をした。夫婦それぞれが異例のスピード釈明に打って出た背景には、太川の事務所後輩で昨年大炎上したベッキー(33)の存在があった――。

 14日発売の文春で不倫疑惑が報じられた藤吉。テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で“旅ロケ王”となった夫・太川の居ぬ間に、50代のテレビプロデューサーX氏と逢瀬を重ねていたと伝えられた。

 しかもX氏の自宅マンションへの移動手段は、あろうことか路線バス。ネタとしか思えない展開にマスコミはこぞって取り上げた。

 これを受けての2人の対応は早かった。この日の午後4時過ぎ、太川が東京・四谷の所属事務所「サンミュージック」で取材に応じ「このたびはうちのバカモンがお騒がせして、申し訳ありません」と頭を下げた。

 当人も記事を読んで「どう見ても怪しい」と不貞を疑ったが、藤吉を3~4時間“事情聴取”した結果「いまは納得している。『男女の関係はない』という妻の言葉を信じます」。2001年にもうけた長男の理解も得られたとし「離婚はしません。妻と息子はこれからも僕が守ります!」と宣言した。

 会見場には150人の報道陣が詰め掛け、7月に不倫釈明会見を行った渡辺謙(58)をつるし上げた“最恐熟女リポーター軍団”も勢揃いしたが、太川の真摯な対応に心打たれたのか、最後は一緒に「ルイ!ルイ!」とポーズを決めて終了。

 一方で同日深夜には仕事先から帰京した藤吉も羽田空港で取材に対応。冒頭で10秒間頭を下げたあと、泣きながら「私の軽率な行動により、皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 X氏については「仕事で大変お世話になっている方」としながらも、恋愛感情や男女の関係は「ありません」と否定。ホテルの部屋では「体をほぐしてもらっていた」と主張し、騒動を機に「もう会いません」と約束した。

 叱咤しながらも自身を支えてくれている夫については「彼がいないともう生きていけません…」とかみ締めるように告白。太川からは「早く帰ってきてね」と言われているそうで「息子と家族3人でしっかり頑張っていきたい」と誓った。

 夫婦それぞれが疑惑に答えるパターンは、“ゲス不倫”対策として最も効果的。昨年9月の歌舞伎俳優・中村芝翫(52=当時橋之助)の時も妻の三田寛子(51)がマスコミを前に夫への叱咤激励をアピールし、火消しにひと役買ったのは記憶に新しい。

「今回も太川さんが夫婦それぞれ取材の場を設けることを提案した。先に太川さんが男を見せたことで、続いて応じた藤吉さんは精神的に楽になったと思う」とはワイドショー関係者。

 この迅速対応の裏には太川の後輩、ベッキーの教訓がある。会見場所もあえてベッキーと同じ所属プロの「B会議室」にしたようだ。

 芸能プロ関係者は「ベッキーの会見では質疑応答を設けず、相手の妻への謝罪の言葉もなかったため、火に油を注ぐ結果となった。その点、今回の太川さんの対応はパーフェクト。事務所関係者にとっても因縁の場所でリベンジを果たした」と話す。

 ピンチをチャンスに。太川は「今回の問題で家族のキズナは強まった」と言い切った――。