森泉「ペヤング好き」と庶民派アピールも「キャビア乗せると超うまい」

2017年12月13日 17時30分

森泉

 タレントの森泉(35)が12日深夜放送のTBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」に出演し、独特な恋愛感を語った。

 結婚に対して憧れがないという森は「結婚を前提に付き合いたくないです。結婚願望はあんまりない。何がいいんだろう。あえてなんで籍を入れるんだろう」とさらりと告白。一般とは異なる考え方を披露した。

 司会の「くりぃむしちゅー」有田哲平(46)に「男性に結婚を迫られるとどう」と向けられても、「避けちゃうかも」と苦笑いだ。

 ちなみに、これまでの恋愛体験は年上の男性が多いとか。「あまり年下はない。どちらかというと上。包容力があって、こっちが勝手に怒っていても、はい、はい、みたいな」と話し、理想の芸能人は「ピエール瀧さん(50)がいい。大人の色気もあるし、バランスがある」とうっとりとした。

 一方、日本テレビ系トーク番組「おしゃれイズム」で司会者として約12年タッグを組む「くりぃむしちゅー」上田晋也(47)については「ない! 絶対ない」と若干イヤそうな表情できっぱり。相棒を拒否された有田は「ああ、そーー」と、なぜかうれしそうに笑った。

 セレブすぎて男性が敬遠するのかもしれない?との番組の質問には「そんことはないです。私だってペヤング(ソース焼きそば)好きだし。ペヤングにアボカドとキャビア乗せると超うまいよ」と、何げなく金持ちアピール。有田に「トッピングのほうが高いよ」と突っ込まれた。