藤井聡太四段 トーク力も伸び盛りでイベントに女性ファン殺到

2017年12月11日 16時30分

幼いころの写真を使ってトークショーを行った藤井聡太四段(右)と司会を務めた藤田綾女流二段

 フィーバーはまだまだ続く。将棋の中学生プロ・藤井聡太四段(15)が10日、名古屋市内で行われた「将棋プレミアムフェスin名古屋」に登場。初のトークショーと久保利明王将(42)との公開記念対局に挑み、“ダブル勝利”を果たした。

 全国からファンを集めたイベントは約450席が埋まる盛況で、S席5000円は発売開始2日後で完売。トークショーでは藤井四段を助けるように、幼少のころの写真を題材に思い出を語るという形で進められた。進行役から子供将棋大会の決勝で負けたとき、悔しさのあまり、思いをぶつけた歌を作ったという“黒歴史”に触れられ「あ、その話は…」と慌てる一幕も見られた。

 記念対局では約2時間の早指し戦ながら、後手の藤井四段が久保王将に106手で劇的な逆転勝利。久保王将をして「序盤はまずまずの展開だったのにどんどん差が詰まって…。最後のほうで自分の読みにない手を指され、詰まされていた」と言わしめた。

 春に行われたAbemaTVの企画対局でも羽生善治3冠(当時)に勝っており、非公式戦でのタイトルホルダー撃破は驚きではない。それより関係者から意外な高評価を受けたのが、初のトークショーだ。

 日本将棋連盟の杉浦伸洋理事は「普通の中学生にはない落ち着きの中で時折見せる照れとはにかみ。人間性のある、いつもの藤井四段が出ていた。今後ますますトーク力も伸びるでしょう」と話す。さらに「こうしたイベントはここ4~5年ですが、以前は男性9割、女性1割だったのに今日は逆転。こんなことは今までなかった。将棋教室も入会希望者の子供がいまだにあふれています」とファン層拡大を実感しているという。

 当の藤井四段は「苦しい将棋ではありましたが何とか勝つことができて自信になりました。タイトルは実力なくして取れるものはないので、一歩一歩、さらなる高みを目指していきたい」。クリスマスの予定も「ない」中学生棋士は年末も将棋一本だ。