「仮面女子」川村虹花 総合格闘技デビュー戦で判定勝ち「私は本気です!」

2017年12月03日 15時44分

REICA(左)にハイキックを叩き込む川村

 地下アイドルグループ「仮面女子」の川村虹花(21)が3日、東京・新宿FACEで行われた「DEEP JEWELS18」で総合格闘技デビュー。アトム級3分2Rの特別ルール戦で、REICA(ISHITSUNA MMA GYM)に3―0で判定勝ちした。

 入場曲はインディーズ女子で初めてオリコン1位を獲得した「元気種☆」。紫色のコスチュームと仮面姿で入場すると「頑張れー」「ななかー」などと声援が飛び交い、“満員御礼”の会場は万雷の拍手に包まれた。

 試合開始と同時に相手に突進。左ハイキックを放ったり打ち合いに挑むなど、果敢な攻めは、とてもアイドルは思えないド迫力だった。

 試合後、川村は「私は普段、アイドルとして活動しています。“ミーハーな気持ちで格闘技やるな”“格闘技なめるな”という意見が少なからずあることも承知で挑みましたが、週6回朝から晩まで練習して、試合に勝つことができました!」と息を切らしながら勝利に酔いしれた。

 続けて「私は本気です! 総合格闘技に尊敬の念を抱いている。今、試合が終わっても“おいしいものが食べたい”“休みたい”とは思いません。試合の反省点もあったので、今からでもすぐに練習したい気持ちです」と気を引き締め、硬派な格闘技ファンの心をガッチリつかんだ。