漫画「ULTRAMAN」がフル3DCGアニメに!

2017年12月01日 14時17分

左からULTRAMAN、神山健治監督、荒牧伸志監督

 日本が世界に誇るスーパーヒーロー「ウルトラマン」が、アニメになることが分かった。1日、千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミコン」内で発表された。

 円谷プロとフィールズがタッグを組み、月刊ヒーローズ連載のコミックス「ULTRAMAN」を、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSがフル3DCGアニメに仕上げる。2019年公開予定。

「攻殻機動隊 S.A.C」シリーズの神山健治氏(51)、「APPLESEED」の荒牧伸志氏(57)が監督を務める。

 最新のモーションキャプチャーと日本のアニメ技術を融合させて作品作りに挑む神山監督は「特撮ファン、漫画ファンに満足していただける作品にする。ぜひ期待して待っていてほしい」と自信をのぞかせた。