テリー伊藤が日馬騒動を分析「貴乃花親方のターゲットは白鵬」

2017年12月01日 11時46分

貴乃花親方

 タレントでプロデューサーのテリー伊藤(67)が1日、TBS系朝の情報番組「ビビット」に生出演し、引退した元横綱日馬富士(33)による暴行騒動の渦中にある貴乃花親方(45)の示す「改革」とは何かを分析した。

 番組は、11月30日の大相撲理事会の直後に貴乃花親方が友人に語ったという「日馬富士は引退する必要がなかった。何かの陰謀で追い込まれた」などの発言をもとに激論をたたかわせた。

 貴乃花親方の“陰謀論発言”にテリーは「日馬富士からすると、だったら早めにもっと話してほしかった、という思いがあるはず。沈黙したため、結果的に日馬富士が引退した可能性があった」と断じた。

 続けて「(貴乃花親方の)ターゲットは日馬富士ではなかったんだ。考えられるのは白鵬さんしかいませんね。実はターゲットを白鵬さんに絞った」と、モンゴル人力士たちの筆頭に責任を取らせたいのだと推理した。

 貴乃花親方が今後どう動くか、ますます注目が集まるが、テリーは「彼の言う改革とは何なのか。なれ合い相撲に対して言っているのか、モンゴル会に対して言っているのか。もしなれ合い相撲であれば、かなりのことを言っている。果たしてそこまで(話を表に)出せるのか」と熱い語り口で騒動の展開に期待を寄せた。