AKB峯岸みなみ屈辱の「あっちゃん事件」

2013年01月26日 11時00分

 AKB48の“バラエティー担当”峯岸みなみ(20)が“あっちゃん事件”に見舞われていた。

 あるテレビ局関係者が明かす。「峯岸さんが芸能人恒例の休養地ハワイを訪れたんです。空港の動く歩道で待ち構えていたリポーター陣が質問したんですけど、峯岸に『あっちゃん! あっちゃん!』とずっと呼びかけて…。前田敦子(21)と間違えられた峯岸さんもどう対応したらいいのか分からないみたいで、ずっと下を向いていたんです」

 峯岸は元日に、AKBメンバーの小嶋陽菜(24)、篠田麻里子(26)とともに初ハワイ入りしたが「芸能人といえばハワイ」という夢を実現した矢先に勘違いされたからたまらない。

 悲劇はそれだけでは終わらなかった。周囲に「あの子は峯岸みなみですよ」と教えられたあるリポーターが“峯岸”がよく聞こえなかったようで、今度は「みなみ…。あ、たかみなさん!」とグループ総監督の高橋みなみ(21)と間違えてしまったという。

 新年早々“知名度”の低さを思い知らされた峯岸が「今年は認知度を上げる!」と小嶋や篠田らに誓ったのは言うまでもない。

 ただ、前出のテレビ局関係者は「峯岸は今年、お茶の間にさらに浸透しますよ」と断言する。

「“バラエティー班”といえば、同い年の(HKT48の)指原(莉乃)が真っ先に挙がるかもしれませんが、対応力は峯岸の方が上ですよ。根性も一級品で芸人以上に体を張ることもある。以前、大ケガ一歩手前まで頑張りすぎて『芸人じゃないんだから!』と共演した芸人やスタッフに怒られたぐらい。テレビ局の評判もすこぶるいいんですよ」

 事実、バラエティーに出演するAKBメンバーが「どうしたらいい?」と相談する相手は峯岸がダントツだという。

 

【関連記事】

セットに3時間? AKBまゆゆ前髪へのこだわりが過熱

AKB内で“板野プロデューサー”と呼ばれる理由

AKB五輪招致「今回だけ」のワケ

大島優子ら秋元氏「恋愛OK」発言に困惑

 

【コスプレ】スカートが赤チェックセーラー服/ベスト付/コスチューム/AKB風 C501 (M) 【コスプレ】スカートが赤チェックセーラー服/ベスト付/コスチューム/AKB風 C501 (M)


BE CUTE
売り上げランキング : 27225

Amazonで詳しく見る