坂東玉三郎 紅白サプライズ出場を否定「お正月はあちこち出演しますが」

2017年11月27日 18時12分

取材会に出席した坂東玉三郎

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(67)が27日、大阪市内で行われた「初春特別舞踊公演」(大阪松竹座、2018年1月2~26日)の取材会に出席した。

 玉三郎にとって大阪松竹座で行われる正月公演は4年ぶりだ。「前回の正月公演では風邪をひいて声が出なくて、1か月口上が言えなかった(笑い)。セリフのない舞踊公演なのでこなすことができましたが、今回は声も出るように頑張りたいと思います。公演では日本の春夏秋冬をどうにかお正月に見せられたら」と意気込みを語った。

 今回は若手女形の中村壱太郎(27)との2人舞台となる。「(壱太郎は)大変緊張してるけれど、遠慮してる割にドスが利いてるので大丈夫。踊っている時の足元がきれいで、かなり勉強をしてらっしゃる。先輩としてうれしいですし、若い方とやって力を借りています」と話した。

 また、一部報道でNHK紅白歌合戦へのサプライズ出場が取り沙汰されているが、「(出演を)頼まれてもいませんし、お断りもしていません(笑い)。朝から晩まで紅白のリハをして、(公演初日である)2日から開けてられませんよ。お正月はNHKの番組にあちこち出演させていただきますけど」と噂を一蹴した。