さんま&キムタク“墓場まで持っていく話”の中身に注目集まる

2017年11月27日 17時28分

明石家さんま

 お笑いタレントの明石家さんま(62)が、26日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「誰も知らない明石家さんま」で、元SMAPの木村拓哉(45)と“墓場まで持っていく話”を交換したエピソードを披露。ネット上は「話の内容が気になる」と騒然となっている。

 番組では、さんまにNGなしのインタビューを敢行。「なんでも打ち明けられる親友はいる?」という質問に「木村君なんかは、ドラマの最中に移動が多くて話がなくなって、墓場まで持っていく話を一つずつ交換した」と告白。

 続けて「向こうがテレビとかで誰にも言えない話をしてきて、もっとすごい話をした。しゃべった後、俺、何言ってしまったんやと思って。これ言われたら困る。だから(木村を)大事にする」とぶっちゃけて相好を崩した。

 放送後、ネットは即座に反応。「二人の『墓場まで持っていく話』がめちゃくちゃ気になります 特に拓哉くんはどんな事なんだろう 拓哉くんにはさんまさんがいてくれて良かったと思ってます」「思わずニヤニヤほっこりしたわ」「きっとSMAP解散の話もあるはず」「その車中ってどんなカオス」など、話の中身が何なのか、注目が集まっている。