坂本龍一が明かした「戦メリ」秘話

2013年01月24日 11時00分

 15日に肺炎のため亡くなった映画監督・大島渚さん(享年80)の告別式が22日、東京・築地本願寺で行われた。

 米国・ニューヨークから駆けつけた音楽家・坂本龍一(61)は、大島監督の代表作「戦場のメリークリスマス」(1983年)で映画デビュー。坂本作によるサウンドトラックは、同年の英国アカデミー賞作曲賞を受賞するなど高い評価を得た。

 映画出演のきっかけは、大島監督が一人で坂本の元を訪ねてオファーしたこと。「実は無謀にも『私に音楽やらせてください。やらせてくれるなら出ます』とひどいことを言ったんです。そうしたら監督は即座に『お願いします』と。あれによって今の自分があると思ってますので、心から恩人だと思っています」

 また「朝まで生テレビ」で何度も共演したジャーナリスト・田原総一朗氏(78)は「朝まで生テレビは大島さんと野坂(昭如)さんが作った。彼が怖いからタブーをどんどんやれと。編成局長をだますより、大島さんに怒鳴られる方が怖い(からタブーに切り込んだ)」と振り返った。