“天才子役”上杉みち君 たまごっちCM出演に「なんだか恥ずかしい」

2017年11月23日 13時42分

たまごっちをPRする上杉みち君

 お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次(39)が演じる“天才子役”の上杉みち君(6)が23日、東京・港区のバンダイナムコ未来研究所で行われた「祝 20しゅーねん! たまごっち」CM発表会に出席した。

 1996年11月23日に発売し、爆発的ヒットを記録した初代「たまごっち」が「祝 20しゅーねん! たまごっち」として完全復刻する。そのCMキャラクターに「劇団えんきんほう」所属の「上杉みち君」が起用された。

 三輪車に乗って登場した上杉みち君は「僕は6歳で、たまごっち発売のころは生まれてなかった。僕、もともと卵が好きだし、ゲームも好き。それが交ざったんだから、相当すごいと直感してる!」と復活したたまごっちに大興奮だ。

 CMについては「いつもの僕じゃないから、役者としての僕じゃないから、なんだか恥ずかしい。いつもの監督さんじゃないから。CMは15秒だから、演技のすべてを『ママ、ママ!』という言葉にかけました」と照れた。

 天才子役として活躍する上杉みち君だが「実はお芝居やりたくないんだ…。ママが強制的にやらせるから」と子役ならではの悩みも告白。最後は「僕より14歳年上のたまごっち先輩に負けないように、日本の映画界を盛り上げたいです! クリント・イーストウッド監督みたいになりたい! 常に海外に目を向けてます!」と宣言し、キラキラと目を輝かせた。