有村架純の姉・藍里「頭、爪の形まで写真は全部修整しています」

2017年11月09日 23時56分

有村藍里

 女優・有村架純(24)の姉でタレントの有村藍里(27)が9日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し「売名説」「姉妹不仲説」を否定した。

 藍里は16歳の時に、「新井ゆうこ」の芸名で活動を開始。女優・架純の姉であることは伏せていたが、藍里本人(当時新井)に直撃取材した2015年5月の本紙1面報道で、姉妹関係が明らかになった。

 今年3月30日に本名の有村藍里に戻してリスタート。その直後、架純の朝ドラ「ひよっこ」がスタート。写真集を発売したことから「売名では」と言われるようになり、ネットでは「血がつながっていない、仲が悪い」など中傷されるようになったという。

 番組では「(有村の)残念な方です」など自虐的なコメントをしたが、改名して本名で活動したことを「母も架純も喜んでくれた」と明かした。また、架純から「私のせいでお姉ちゃんが好きなこと、できひんようになるのは嫌」と言われ「頑張ろうと思った」と前向きであることをアピールした。

 ただ、ブログに掲載する写真については「少しかわいく“詐欺”れたらと思い、頭の形から爪の形まで(加工ソフトで)全部修整しています」と出演者を驚かせた。