安室奈美恵 引退発表後初の公の場「かわいい」の声に「本当ですか~」

2017年11月08日 20時07分

安室を一目見ようと多くの人が集まった

 来年9月16日をもって芸能界を引退する歌手・安室奈美恵(40)が8日、大阪市の「あべのキューズモール」で行われた「FM802 RADIO MASTERS」の公開生放送に出演した。9月20日に芸能界引退を発表して以来初の公の場への登場となったが、引退について発言することはなかった。

 会場には安室をひと目見ようと、早くからファンが詰めかけた。ステージを見下ろせる上階の無料開放エリアでは、開始3時間前に「間もなく封鎖いたします」のアナウンス。ほどなく、入場規制が行われた。

 黒のインナーにグレーのジャケットを羽織った安室が登場すると「安室ちゃーん」と大歓声。MCから感想を聞かれると「うれしいです。すごい緊張します」と話した。

 この日発売のベストアルバム「Finally」の話題になると「すごく気持ちを込めて作っているので、早く聞いてほしい」とアピール。25年の歌手生活の中から52曲が収録されており「昔ってこんな声だったんだなとか、今だから歌詞の世界観が理解できたりとか、すごく楽しかった」と振り返った。

 一方で、アルバムに収録されているデビュー曲「ミスターU.S.A」については「私、怖くて映像見てないんですよ。25年前の自分を見る勇気がない」と恥ずかしがった。ファンから「かわいい」などと声がかかると「本当ですか~?」と照れた。

 来年2月からはドームツアー、アジア公演を行う予定で「ファンの方が喜んでくれることが一番。みんなに喜んでもらえるものをステージでやりたい」と意気込んだ。

 最後は「今日はここに来れてとてもうれしい。アルバムも気持ちを込めて作ったので楽しんでほしい。コンサートで皆さんと楽しい時間を過ごせたらと思います」と話し、会場を後にした。