緒形拳さんが「写真集ちょうだい」

2013年01月25日 08時00分

【高橋惠子 芸能生活42年回顧録「女優物語」(29)】

 

 名優・緒形拳さん(故人)とテレビドラマで共演したのは、昭和59(1984)年の秋だったと思います。緒形さん主演のスペシャルドラマ「原島弁護士の愛と悲しみ」(TBS系、昭和60年2月放送)に声をかけていただき、都内のスタジオでお会いしました。

 緒形さんの楽屋へごあいさつに伺うと、緒形さんは開口一番「あの写真集、オレにもちょうだい!」。照れくさそうにしながらも、断固とした口調に、私は思わず噴き出してしまいました。当時47歳の緒形さんの意外なミーハーぶりに、失礼なことだと分かっていながらも笑いを我慢できなかったのです。

 緒形さんの言う「あの写真集」とは、2年前の昭和57(82)年に発売した「PICTORIAL 関根恵子写真集」(集英社)のこと。広告写真の世界的な巨匠・操上和美さんの撮影で、私自身さえ気づかなかった魅力を引き出した仕上がりでした。

 この当時、ヘア画像はまだ解禁されていません(91年に解禁)。それでも「大人の女性の妖艶さを表現したい」と意欲満々の操上さんは「脇の下を処理しないでほしい」と提案してきました。私も「そんな写真があってもいいと思います」と同意し、撮影に臨んだのです。その効果があったのでしょうか。写真集はベストセラーになりました。