カズレーザー そっくりコスプレの羽田圭介とコンビ結成?「8・6秒バズーカーやろうか」

2017年10月31日 14時37分

カズレーザー(左)そっくりの赤スーツに金髪姿で登場した羽田圭介(右)に安藤なつも苦笑い?

 芥川賞作家の羽田圭介(32)、お笑いコンビ「メイプル超合金」(カズレーザー=33、安藤なつ=36)が31日、都内で行われた「新潮社×DMM GAMES『文豪とアルケミスト』コラボ発表会」に出席した。

 この日はハロウィーン。2年前の芥川賞受賞発表時に、デーモン閣下のコスプレをした羽田は、カズレーザーそっくりの赤スーツに金髪姿で登場。「ん、Wi―Fi飛んでるな」とギャグをまねた。

 これにカズレーザーは「羽田さんも体を鍛えているから似ている。2人で8・6秒バズーカーやろうか。ちょっと待って、ちょっと待ってお兄さん…」とノリノリで応じた。

 羽田は「このために朝7時から1時間、ジムでパンプアップしてきた」としてやったりの表情。今年は俳優業にも進出したが、今後は「マイケル・ジャクソンみたいに踊りながら歌うことに挑戦したい」とか。

 また、安藤は「今日、渋谷はすごいことになるのかな。私はミシュランマンに仮装できる。白く塗るだけで」とジョークで笑わせた。今年3月には大型二輪免許を1年かけて取得したことを明かしたが「年内にハーレーに乗れるかな」と“ハーレー女子デビュー”が近いことをにおわせた。

 ところで、同ゲームには文豪がイケメン化して登場する。羽田は「文豪の背景を知ることから、新しい読者層の獲得にもつながるのでは。私もイケメン化して出してほしい。100年後になるかな」と語った。

 新潮社は同会見で、太宰治「斜陽」の生原稿、菊池寛のはがきなど、新資料の発見を発表。単行本「『文豪とアルケミスト』文学全集」を発売し、神楽坂「la kagu」で「文豪たちと新潮社」展を22~26日に開催する。