娘が「アイドルになりたい!」…親の不安と疑問

2011年09月30日 14時00分

<娘が「アイドルになりたい!」…親の不安と疑問>

「お父さん、私、アイドルになりたいんだけど…」と年ごろの娘に言われたらどうする? 20日の「24thシングル選抜 じゃんけん大会」も大きな注目を集めたAKB48の影響で今、アイドルを目指す女の子が激増している。親としては、どうしていいやら。簡単になれるものなのか。恥ずかしくて他人に聞けないような“疑問”を元に、初歩的なことからお勉強してみましょう。なお、今回はあくまでテレビでの芸能活動を目指す正統派アイドルに関する知識です。

【疑問1】清純派じゃなくてもいいの?

自分の娘を見て「おいおい、鏡を見たことがあるのか?」と思う人もいるかもしれないが、昨今はあまりに残念な容姿じゃなければアイドルになれる。当然、一昔前によく使われた「清楚」という言葉と無縁でも構わない。

「かわいさだけじゃなく、それぞれの個性を生かす子が増えました。全員が全員、おしとやかで清純じゃなくてもいいんです」

説明してくれたのは、オーディション情報の専門誌「月刊オーディション」(白夜書房)編集担当の高橋治氏。

「○○ドル」という呼び方は下火になりつつあるが、自分の得意分野を推す売り方は、もはや当たり前だ。

【疑問2】そもそもどうやってなるのか?

一昔前は「東京・原宿の竹下通りを何度も歩いて声を掛けられるのを待つ…」なんて言われていたが、今はオーディションが主流。

「プロダクションが行う新人募集に合格し、その事務所に所属してデビューするのがひとつ。またはそのものズバリ、アイドルユニットのオーディションを受けるんです」

募集に関する情報は各事務所、ユニットなどのホームページや専門誌に掲載されることが多い。