インパルス堤下 今年2回目の交通事故で謹慎処分

2017年10月28日 12時40分

堤下敦

 27日にお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(40)が神奈川県内を運転中に人身事故を起こした件で所属事務所が28日、堤下を当面の間、謹慎処分にすることを発表した。

 マスコミ各社に向けファクスで「昨日、10月27日午前10時20分頃、神奈川県内交差点において、先行車が停車したことの確認が遅れたことから追突し、先行車の乗員にけがさせてしまったというものです」と事故の状況を説明した上で「被害者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 さらに「本年6月にも自損事故を起こしたことで先日書類送検されておりますが、今回、不注意による人身事故を起こしたことを重く受け止め深く反省しております」と続けた。

 これらの状況を踏まえ事務所として「事態の重大さを認識し、当分の間、堤下の芸能活動は控え、謹慎とさせていただきます」と謹慎に至った経緯を説明した。

 堤下も「この度は人身事故を起こしてしまい、被害者の方々に深くお詫びいたします。重ねて、ファンのみなさま、関係者のみなさまにご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません」とコメントを発表した。

 堤下は今年6月、都内で睡眠薬を服用した直後に正常な運転ができない可能性があったにもかかわらず、自らハンドルを握り電柱に衝突する自損事故を起こした。その際に事故の発生を報告しなかったとして、道交法違反の容疑で先月、書類送検されたばかりだった。