しずちゃん 劇団ひとりに猛アタック!舞台共演で「好きになっちゃいました」

2017年10月28日 00時29分

しずちゃん

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」(山里亮太=40、山崎静代=38)が27日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。しずちゃんが思いを寄せていたお笑い芸人を実名告白した。

 2人はお酒を飲みながら本音トークを交わす人気コーナー「本音でハシゴ酒」に登場。過去の恋愛に話が及ぶと、坂上忍(50)はしずちゃんのマネジャーからのタレコミを紹介。しずちゃんは劇団ひとり(40)にアタックしていたと明かした。「舞台で共演したとき、1回の公演で2回キスシーンがあったんです。それを何回もやるので、好きになっちゃいました」と説明。ひとりの絵を描いて口説きにいったが、実らなかったという。その後、ひとりはタレントの大沢あかね(32)と結婚。山里は「(しずちゃんは)見る目がねーな、という感じだった」と当時の様子を明かした。

 しずちゃんは「絵を描いて渡すのは、もう“この人しかいない”という人にしか渡さない」と本気だったとアピールし、妻の座を射止めた大沢に対し「正直、負けていない。腕力とか」と思いを明かした。また「あげたのは、ひとりさんと武田鉄矢さん。武田さんも絵をプレゼントしてくれたんです。私を描いてくれたんですが、上半身裸だった」と笑わせた。

 松本人志(54)に「もし、ひとりが別れたら、(再アタックは)全然あり?」と聞かれると「やっと気づいたなって思います」と不敵に答えた。