映画「黒部の太陽」ら石原プロ5作品が初DVD化

2013年01月18日 16時00分

 俳優渡哲也(71)と、故石原裕次郎さんの妻で石原プロ代表のまき子氏(79)が17日、都内で「裕次郎 夢の箱―ドリームボックス―」(ブルーレイ&DVD3月20日同時発売)の発表会見を行った。


 石原プロ立ち上げ後の1968年から71年に撮られた映画「黒部の太陽」「栄光への5000キロ」「富士山頂」「ある兵士の賭け」「甦える大地」の5作品が収録される。「黒部――」は裕次郎さんが映画館で見てほしいと再上映を望んだため、これまでDVD化されなかった作品だ。


 まき子氏は「裕さんがいなくなって四半世紀。今はテレビも大型になったし、被災地で『裕次郎の昔の作品を見たい』という声が多かった。皆さんのご要望であれば裕さんのところに行っても『よくやったな』とほめられると思う」とほほ笑んだ。


 渡は石原プロ入りしたときの思い出を「裕次郎さんが映画で失敗して、それまで『裕さん、裕さん』と言っていた日活の人から『裕次郎に近づくな』と言われた。日活をクビになってもいいと思った」と、全財産180万円の貯金通帳をたずさえて裕次郎さんを訪ねた若かりしころを振り返った。