両足骨折の山瀬まみ「新婚さんいらっしゃい!」収録でテレビ復帰

2017年10月24日 15時56分

桂文枝(左)と収録に参加した山瀬まみ

 9月に両足を骨折したタレント・山瀬まみ(48)が24日、大阪市内で行われた、テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」の収録に参加してテレビ復帰した。

 2週分の出演をキャンセルした山瀬は、司会の桂文枝(74)に「山瀬まみさん、復帰です」と迎えられると「ただいま。すいません。またよろしくお願いいたします」と笑顔であいさつした。

 文枝から「走ったりできるの? ふくらはぎも何にもないから、ちょっとは鍛えないと」と助言されると「もともとあんまり走れないですけど…歩いたりしないといけないですね」とリハビリに意欲を見せた。

 山瀬は9月21日、日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」の収録前にスタジオで転倒。右膝蓋骨と左第5中足骨を骨折し、全治3か月との診断を受け入院した。20日放送のTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」で仕事復帰していた。

 ラジオ出演時に退院したのがつい最近だったことを明かしたように、まだまだ立ったり座ったりするのも不自由な様子で、収録中はずっと座ったまま。ゲストの新婚夫婦が登場する際は「諸事情により」と恥ずかしそうに座席から出迎えし、収録後は「立ちたくて仕方ない!」と叫んだ。

 山瀬がそんな状態のため、文枝は同番組の名物となっている“いすからコケる”アクションをする際は「(山瀬が)まだ立てないので、私がこけたら自分で(立ち上がります)。セルフサービスです」と宣言。「今、全部自分でやらなあかんから、あんまり私をこかさんといて」とボヤキながらも、宣言通り自ら立ち上がった。

 この日の収録の模様は、11月12、19日に放送される。