デーブ・スペクター氏が選挙特番を採点!「ポスト池上」は誰だ?

2017年10月24日 11時00分

各局の画面をくまなくチェックしたデーブ氏

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)が民放各局の「2017 衆議院選挙特番」を鋭い視点でジャッジした。ここ近年のデーブ的特番ジャッジでは“池上無双”のジャーナリスト・池上彰氏(67)が司会を務める「池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京)がトップ独走状態だったが、デーブ氏は「ついにフジテレビが本気になった!」と驚きの声を上げ「もしかしたら池上さんに代わる新キャラクターの登場かも」と新たな“スター”誕生を指摘した。

 近年の選挙特番で民放トップを走り、いまや“追われる立場”となった「池上彰の総選挙ライブ」では今年も池上氏が舌峰鋭く各政党の代表に迫った。また、番組のエッセンスとして「ブラック池上」による「政界悪魔の辞典」と題し、ちょっと皮肉を利かせた政治用語解説を画面下部のテロップに流すなどの工夫もあったが、デーブ氏は「もちろん池上氏のクオリティーは非常に高いんだけどね~。今回はどれもこれも小手先の工夫に見えてしまうんだよね」と苦言を呈す。

「池上さん及び番組に対する期待値が高いということもあるけど、今回は築いたポジションをキープしにいった番組構成。正直、スタジオのパネラー陣(峰竜太、宮崎美子、小島瑠璃子ら)のコンビネーションも良くなかった。いまトップの地位にいるんだから、もっと冒険しないといけない。次回はパネラー陣を一新するとか、スタジオのセットを変えるとかしないと。飽きられちゃうよね」(デーブ氏)。報道という部分では池上氏の価値は落ちていないものの、番組全体としてはマンネリ化が否めないという。

 一方、デーブ氏が「僕もびっくりだったヨ~!」と興奮気味に語るのはキャスター・宮根誠司(54)が司会を務めるフジテレビ「FNN選挙特番 ニッポンの決断!2017」だった。ボクシング世界戦「村田諒太VSエンダム」が行われたために、各局より1時間半遅い午後9時半からのスタートとなったが「村田選手のように良いファイトしたよ! カウンターパンチがヒットした感じだね」と評する。

 キーマンとなったのは、デカい体躯にかわいらしい顔がチャームポイントのフジテレビ・反町理報道局解説委員長(53)だ。BSフジの大人気ニュース番組「プライムニュース」でも編集長を務め、BSフジのBS局トップ獲得に貢献。“フジテレビ報道の切り札”として、実力を評価されている。

 デーブ氏は「彼は毎週、帯でニュース番組を2時間やっている。あの番組はレベル高いよ。地上波ではほとんど見ることなかったけど、今回出演したことでフジの本気度もうかがえた。“レア度”があったよね~。反町さんは見た目はゆるキャラっぽくてかわいいけど、キャスターとしての実力も高いので、もしかしたら今後、池上さんに並ぶ選挙特番のスターになるかもよ」と反町キャスターを“ダイヤの原石”と絶賛した。

 そのほか、デーブ氏の目に留まったのはTBS「激突! 与野党大決戦 選挙スタジアム2017」のホラン千秋(29)だった。「彼女は『Nスタ』(TBS系)で大きく成長したよね。アナウンサー経験ないのにあそこまでできるようになったのはすごいよ」

 テレビ朝日「選挙ステーション2017」は「いつもの報道ステーションみたいで特番感がまったくない。淡々としすぎ」とバッサリ。日本テレビ「ZERO×選挙2017」は「タレント多すぎてごちゃごちゃしすぎ。又吉さん(直樹、お笑い芸人で作家)はカンペ見すぎじゃない?」と皮肉った。

 最後には「今回の選挙自体、大義がなく、報じる方もボヤ~ッとして報じにくかったと思う。こういう時は全局テレ東から番組買って、経費節約したほうが良かったかもね(笑い)」と総括。池上氏の神通力が落ち始めただけに、次回の各局の戦略が楽しみだ。