剛力彩芽「女優でなければダンスの先生」

2013年01月18日 15時55分

 女優・剛力彩芽(20)が「わかもの就職支援キャンペーン」のナビゲーターに就任し17日、都内で行われた発表会に出席した。


 このキャンペーンは、新卒者や卒業後3年以内の既卒者の就職をサポートするためのもの。田村憲久厚労相からナビゲーター就任を任命された剛力は「直接大臣に任命されるなんてなかなかない機会なのでうれしい。同世代の人に勇気と元気を届けられるように頑張りたい」と、力強く抱負を語った。


 剛力自身は小さいころの夢をかなえたため就職活動をした経験はない。「私は運よく小さい時にこの仕事に出合った。『絶対にやりたい』という気持ちが変わったことがないのでラッキーでした」


 司会者から「もし芸能界の仕事をやってなかったら?」と問われると、「私は多趣味なんです。小さいころからやっているダンスの先生かアロマセラピスト、それからお菓子作りも興味があるのでパティシエなんかもやってみたい」と目を輝かせた。