谷村新司の教え子RIRIKO 話題のアニメ主題歌でメジャーデビュー

2017年10月17日 19時38分

RIRIKO

 ベテラン歌手・谷村新司(68)の教え子で新人シンガー・ソングライターのRIRIKO(22)が、25日にリリースするシングル「その未来へ」でいよいよメジャーデビューを果たす。

 中学生の時に作曲を始め、高校生になるとライブハウスでの活動をスタート。現在、東京音楽大4年生でソングライティングコースに通いながら、同大客員教授でもある谷村から学んでいる。

 RIRIKOは「谷村先生の作詞の授業を受けています。詞のない音楽を聞きながら、学生がその場で思い思いに詞を書いていく授業です。書いた後は一つずつ先生が読み上げてくださるのですが、あの声で読んでくださるので、どれも名曲に聞こえてしまいます」と笑った。

 柔らかいメローな曲調と伸びやかな歌声が特長。シンガー・ソングライターのmiwa(27)をほうふつさせるため、“第2のmiwa”と言われる。

 作詞作曲を手がけたデビューシングルは、アニメ「クジラの子らは砂上に歌う」(BS11など)のオープニング曲になった。「この曲には人間の生き生きとした部分をサウンドで、はかなさと弱さを詞で表現しました。ぜひ細部までじっくりと聞いていただきたいです」と訴えた。