西川史子 清水良太郎に触れて「要はおうちの教育の仕方だと思う」

2017年10月16日 21時14分

西川史子

 女医でタレントの西川史子(46)、阿部祐二リポーター(59)の長女で「2017ミス・ユニバース・ジャパン」の阿部桃子(23)が16日、都内で行われた海外ドラマ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1」DVD&ブルーレイ発売記念イベントに出席した。

 同じ“2世タレント”清水良太郎容疑者(29=清水アキラの三男)が先日、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたばかり。桃子はこの件について尋ねられると「私も2世ですが、ミスユニバースになったことで、お父さんがテレビに出られる機会が増えた。お父さんが私と一緒に出ているという意識です」と“逆バーター”の実態を明かし、自らは良太郎のような“バカ息子(娘)”ではないとした。

 また、西川は「要はおうちの教育の仕方だと思う。ただ、うちの親は『あなたの教育を間違った』とずっと私に言っているし、むしろ気をつけるのは恋愛じゃないですか」と話題をそらした。

 桃子は「そのへんは父がうるさいと思うので、父には何も言わないようにしている。何かあると『事件です!』とくるのでバラさないようにしている」と苦笑い。西川も「お父さんに『どういうこと?』と聞かれるのは困ると思う」と大受けしていた。