杉山愛“足でハンドル操作”石橋和歩容疑者に「感覚がずれている」

2017年10月16日 11時15分

杉山愛

 元プロテニスプレーヤーでタレントの杉山愛(42)が16日、コメンテーターを務める日本テレビ系「スッキリ」に出演。今年6月に東名高速で夫婦が死亡した衝突事故を誘発したとして自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕された石橋和歩(かずほ)容疑者(25)についてコメントした。

 番組では石橋容疑者について特集した。元交際相手の女性は、同容疑者が交通トラブルを面白がる行為を日常的に繰り返していたと証言。「自分で仕掛けていって、自分で文句を言う」「相手が一人とか、男の人だったらそういうことをしますね。適当にこの人と決めたら、面白がるというか、そういう感じ」と語った。また石橋容疑者は事故直後、知人に「トラックに追突された。自分は被害者」と説明しているが、知人によれば同容疑者の主張は「いつも真逆」だという。

 足でハンドル操作したり、ラーメンを食べながら運転したこともあったそうで、「助手席に女性が乗っているとき、運転がうまいことを誇示するため」だったという。

 ほかにも、自宅近くでも駐車場の入り口付近に停止し、道路をふさぐような迷惑駐車を繰り返して近隣住民に迷惑をかけていたとか。注意するとにらみ返すことがあり、住民は「面倒なことになりたくないから、注意しなくなった」と話した。

 MCの加藤浩次(48)が「足でハンドル操作なんて、カッコ悪いと思うんですけど」と話すと、杉山も「カッコイイという感覚がずれていると思います」と同調。加藤は「僕も高速道路であおられたことがありますけど、今回のケースは、もともとの素行の問題ですかね」とあきれ顔でコメントした。

 石橋容疑者の自宅周辺を取材した阿部祐二リポーター(59)は「今回の事件は、はずみで起こったのかと思いましたが、短時間の取材で似たようなことが周辺でこれだけ出てくる。これが重要だと思います」と締めくくった。