テリー伊藤氏「人間性を見抜く能力が試されるハズレもありの福袋選挙」

2017年10月10日 16時30分

テリー伊藤氏

【衆院選を斬る:テリー伊藤氏(67=テレビプロデューサー)】今回の選挙は「開けてみないと分からないハズレもある福袋選挙」だね。どの政党も公約が分かりにくい。男が「将来は海のそばに家を建てよう」と女を口説くみたいに、聞こえのよいことばかり言っている。海のそばに家を完成させる人なんていないわけ。

 選挙の後のことが誰も予想できないのが一番のポイント。郵政民営化への賛否なら判断できるけど、今回は単純じゃない。希望の党がどうなるか想像つかない。民進党から希望に移った人と最近話したんだけど、「当選したら(希望を)出ていく」って言うんだ。プロレスみたいにケンカしてた相手とタッグ組んで勝って、また別れて…。小池百合子さんも石破茂さん(60)と組むなんて話もある。みんな自分のことしか考えてないよ。腹立たしいというか、不愉快だ。

 政治の記事を書く人や俺みたいにコメントする人ならまだしも、一般の有権者は一日8~10時間も労働して家庭を持って、政治のこと考えるなんて一日に30分くらい。投票した先が、自分の思うように動くなんて期待できない。福袋のように中身は分からないんだ。日本人は試されている。試されてるのは人間性を見抜く能力だよ。

 小池さんの話になるけど、嫉妬深い人だね。民進党の一部を受け入れなかったのは保身にすぎない。枝野幸男さんなんか優秀ですよ。優秀な人たちをわざと入れないのは自分の地位をおびやかされないため。ワンマン商店主です。野望は総理大臣。権力志向が強いよね。彼女に注目して見てほしい弱点は、誰一人若手を育てていないところです。話術にたけていても、人を育てる能力がない。

 でもね。小池さんは都知事の座にいることが強いよ。選挙で負けても都知事に残るでしょ。終わったらすぐ東京五輪。そうなると、五輪の仕事で都知事の世話になるテレビ局は、衆院選で小池さんを叩くことができない。単に野心家の政治家相手ならケチョンケチョンにやるけどね。