スパガ稼農楓脱退にファンは「やっぱり」

2013年01月16日 23時01分

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の稼農楓(20)が16日付けで同グループを脱退したことが公式サイトで発表された。

 

 稼農はグループのイベントを昨年末から体調不良でライブやイベントを休養していた。16日に更新されたブログでは、その間「この2年半の活動や、自分自身の将来についてゆっくり考えることが出来ました」と話し「20歳になってみて、私自身の未熟さや甘えていた部分を変えたい。あらためて、将来についてゼロからスタートしたい」と決断。スタッフや家族との相談の結果、脱退することが決まった。

 

 ファンに対しては「本当に急なお知らせで、今まで応援してくださったファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪。最後は「SUPER☆GiRLSのメンバーとして活動してきた約2年半は、私にとって本当に最高の宝物です」と語っている。

 

「SUPER☆GiRLS」は2010年に結成された11人アイドルグループで、結成日前日にあたる6月11日に初の日本武道館公演を行うことが決まっている 中でも稼農は「不可能を稼農(可能)にする無敵アイドル!」とのキャッチコピーと明るい笑顔で人気上位のメンバーだった。

 

 だが昨年11月発売の週刊誌に過去に交際していたと語る男性の暴露記事が掲載されると、グループ活動中に交際していたなどショッキングな内容で大きな話題となった。また今年発売の別雑誌に掲載されたアイドルグループメンバーのベッド写真が、名前は伏せられていたものの稼農ではないかとファンの間で疑惑が浮上していた。

 

 グループの目標であった武道館公演が発表された今月6日のライブの場にもいなかったことから脱退の噂は発表前から出ており、今回の正式発表にも「やっぱりこうなったか」「仕方ない」など予想通りの結末にショックよりもあきらめの声が多かった。