脱税・板東英二の今後に朝日放送社長が言及

2013年01月16日 17時08分

 朝日放送の脇阪聡史社長は16日、大阪市内で2013年新春社長会見を行い、悪質な脱税問題の渦中にいる元プロ野球選手でタレントの板東英二(72)について言及があった。
 
 板東は同局の「おはよう朝日です」(月~金曜午前6時45分~)の火曜日のレギュラーとして出演していたが、今月に入ってから出演を見合わせている。
 
 脇阪社長は板東と直接やり取りはしていないというが「(出演見合わせは)社会的影響が大きいということで(事務所に)納得していただいた」と語った。
 
 今後の見通しについては「火曜日はノンゲストで乗り切ったが、板東さんご自身が記者会見をなさるのか、なさらないのか、これも見えていない。このあたりも考えて製作側で判断をしてもらって、上にあげてきてもらいたい」と処遇についての明言は避けた。
 
 22日の放送分は野々村真(48)が、板東の代役として出演することが決まった。
 
 このまま、板東はテレビから姿を消してしまうのか。