【ノーベル平和賞】東ちづる 核兵器廃絶国際キャンペーンの受賞に「期待はしていたが夢のよう」

2017年10月06日 19時06分

東ちづるは受賞を聞き涙を流した

 女優の東ちづる(57=一般社団法人「Get in touch」理事長)が6日、都内のピースボートで行われた「ノーベル平和賞 パブリックビューイング」イベントに出席した。

 東は「私は広島で育って子供のころから平和教育を受けてきた。だが、上京して東京で8月6日が普通の日であるということに、今でも違和感を覚えている。言葉をつむいで語り継いでいって、アクションを起こしたい」とあいさつ。

 すると、直後の午後6時にピースボートも参加する「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の平和賞受賞が発表された。「北朝鮮など多くの国が核兵器を利用する危機が高まっている中、ICANは大きな役割を果たした」と評価された。スイスのジュネーブに本部を置くICANは100か国、450以上の団体が加盟している。

 涙を流し、思いを共にする関係者たちと抱き合った東は「期待はしていたが夢のよう。新しい扉が開いたのは国際的なメッセージ。被爆者を中心にいろいろな皆さんが頑張ってきたことが評価された。今日はこの場にいられてすごくうれしい」と快挙を喜んだ。

 続けて「これは同時に日本へのメッセージでもあると思う。これがスタートだと強く意識して、バトンを受け取りながらいろいろ発信していかなければならない。国内で核武装が必要だという意見が若い人を中心に増えてきた。ここに対する一石にもなればいいなと思う」と指摘した。

 国際情勢を背景に、総選挙で改憲を訴える政党もある。東は「私は9条は守るべきだという立場。有権者の方がどう考えるかは分からないが、皆さんが真剣に日本の将来を考えて、このニュースが総選挙に影響すればいいと思っている」とコメントした。

 同席した広島被爆者の三宅信雄さん(88)は「感無量。被団協もICANも長年にわたって運動を続けてきた。それらが国連の禁止条約に結びつき、ノーベル平和賞の委員も認めてくれた。世界中の人々に核兵器をなくさなければいけないと真剣に考えてもらいたい。生きてこの瞬間に立ち会えたのはうれしいが、亡くなられたたくさんの被爆者に思いをはせることが大切。若い人にもこの思いを継いでほしい」と胸のうちを吐露した。

 会場では「今度は憲法第9条をノミネートしてもらいたい」との声も上がった。