ハリソン・フォード大失態! 人気番組で共演俳優の名前忘れる

2017年10月08日 16時30分

ゴズリング(インスタグラムから=@ryangosling_official)

 ハリウッドの大御所ハリソン・フォード(75)が新作映画「ブレードランナー2049」のプロモーションのため、共演した主演のライアン・ゴズリング(36)と英BBCの人気テレビ番組「ザ・グラハム・ノートン・ショー」に出演した際、なんと主役を忘れるハプニングがあった。米芸能サイト「TooFab」が報じた。

 同作に関する司会者とのインタビューで、ハリソンは「最終的にとてもいいストーリーになった。シナリオを読んで彼のキャラクターについて、えーと、ライ?」と隣に座っていたライアンに名前を聞いたという。

 ライアンといえばミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」でエマ・ストーン(28)と共演するなど、ハリウッドでもっとも旬な俳優の一人。しかも映画で共演したばかり。ド忘れしたのかもしれないが、テレビのインタビュー中とあってスタッフらも凍りついたという。

 しかし、ライアンは慌てず騒がず「ライアンです」とクールに答えた。そしてインタビューが続いて、ハリソンが再び彼の名前を言おうとしたときにまた名前を忘れてしまい、ラストネームを「ロズリング」と言ってしまったという。

 すぐに「ライアン、ウーン、ライアン、ライアン・ゴズリング」と言い直したが後の祭り。さすがのハリソンも赤面の大失態だった。

 同作は1作目の「ブレードランナー」(1982年)の30年後を描くSFサスペンスで、1作目の演出を担当したリドリー・スコット監督が製作総指揮を務め、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が演出を担当。6日に全米公開。日本では27日に封切られる。