井岡とソンミ「熱愛写真」入手

2013年01月19日 11時00分

 昨年大みそかに5試合も行われたボクシング世界戦の“主役”となったWBA世界ライトフライ級王者・井岡一翔(かずと=23、井岡ボクシングジム)が、バラエティー番組などで最近活躍中の“超セレブお嬢様”ソンミ(24)と真剣交際していることが判明。本紙はその熱愛ぶりが分かるツーショット写真も独占入手し、2人の距離に迫った――。

 一昨年、デビュー7戦目での世界王座獲得で国内最速記録を更新。昨年大みそかの世界戦ではミニマム級に続きライトフライ級でも王者となり、11戦目での国内最速2階級制覇を成し遂げた井岡が、電光石火の早業で美女も射止めていた。

 お相手のソンミは、透き通るような白い美肌を持つ170センチの長身モデル。井岡と同じ大阪出身で「父親がマカオのカジノ王」というのがウリの超セレブだ。ネタとも思えぬその浮世離れした暮らしぶりが注目され、昨年からバラエティー番組にもよく出ている。

 井岡の友人によると、2人が知り合ったのは昨夏、フジテレビ系クイズ番組「ネプリーグ」での共演がきっかけだったという。放送前夜にあたる昨年8月6日未明、ソンミは番宣を兼ね、自身のブログに<明日は19時からフジテレビ「ネプリーグ」に出演しまーす 一緒に共演した井岡一翔チャンピオン!! 是非ご覧ください★>と、井岡とのツーショット写真をアップ。

 お互い第一印象から良かったようだが、この写真だと2人の距離は30センチほど離れている。しかし友人いわく、その後、2人は食事などのデートを重ね、距離を一気に縮めていったという。本紙が独占入手した写真を見れば、それは一目瞭然。

 井岡のチャンピオンベルトに手を添えるソンミは、カレにピッタリと肩を寄せている。地元のボウリング場で昨年11月、友人を交え遊んだ時の集合写真では、井岡がソンミの肩に手を回し、ソンミはカレに抱きついている。「ソンミちゃんは井岡のことを『カレ』と言ってるし、じゃれ合って人前でキスしたりもしてるようだし、いま超ラブラブですよ」(友人)

 ここ最近は、両者の友人を集めて一緒に遊ぶ姿が何度か目撃されていて、勘のいい井岡ファンからは「交際しているのでは?」という噂もささやかれてはいた。一昨年出演したバラエティー番組で「カノジョは欲しいけど、今は作らない」と話して以降、井岡には女性ファンが急増中。

 そのモテっぷりはかねて、叔父で所属ジムの井岡弘樹会長(44)も「世界チャンピオンになって、一翔は女性の扱いも変わってきた」と舌を巻くほど折り紙つきだった。