EXILE・AKIRA 島根県の良さアピールに「3年目の責任感」

2017年10月05日 17時07分

左から青柳翔、EXILE・AKIRA、小林直己

 EXILEのAKIRA(36)、小林直己(32=三代目J Soul Brothers兼任)、劇団EXILEの青柳翔(32)が5日、都内で行われた島根県のプロモーション活動「ご縁の国しまね」発表会に、溝口善兵衛同県知事(71)と出席した。

 3人は2015年から同プロモーションのイメージキャラクターを務めており、今年が3年目。

 AKIRAは「1年目は出雲、隠岐、石見の美しさとか伝統、歴史に触れ、観光者気分というか、ファーストインパクトはすてきな出会いでした。(3年目となり観光者ではなく)自分たちのフィルターを通して伝えていかなければいけないなと責任感があります」

 島根県を舞台とした今年公開の映画「たたら侍」に3人は出演している。同作はモントリオール世界映画祭など海外8か国20冠を達成しており、11月にはブルーレイ&DVDがリリースされる。

 小林は「自分にとってもターニングポイントとなった作品でした」と振り返った。