念願メジャーデビュー「大阪☆春夏秋冬」が抱く次の目標

2017年10月04日 16時30分

メジャーデビューした大阪☆春夏秋冬

 6人組アイドルグループ「大阪☆春夏秋冬」が2日、都内でメジャーデビューイベントを行った。2012年3月に結成してから5年半、インディーズでのCDリリースから3年3か月がたち、ようやく念願だったメジャーにたどり着いた。

 この日発売されたシングル「Travelin’Travelin’」はエイベックス系レーベルからのリリース。感無量のYUNA(18)は「私たち、ファンの皆さんが待ってくださっていたのがメジャーです。さらに上を目指して、皆さんの期待を上回っていけるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

 大阪☆春夏秋冬は、グループ名の通り大阪発のグループで、メンバー全員が様々なジャンルのダンス歴を持つ踊れるアイドルグループだ。

 MAINA(19)は「老若男女が大阪☆春夏秋冬知ってる?と聞かれた時に、あのグループだよねと言っていただけるグループになれたら。目標はさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをやりたいです!」。それを聞いたEON(19)は「1年後に実現させたい。それくらいの気持ちを持って、勢いを止めずに突っ走っていこうと思います。大阪☆春夏秋冬は唯一無二の自分たちの道を進んでいきたい」と力強く宣言した。

 ようやくメジャーシーンにたどり着いた大阪☆春夏秋冬だが、実はインディーズではよく知られた存在だった。

「アイドルフェスでのパフォーマンスが話題となり、地元・大阪のみならず全国のアイドルファンから人気だった。今年1月にリリースしたシングル『New Me』はオリコンデイリーチャート1位を獲得したほど。インディーズながらメジャーアーティストと遜色ない活躍をしていた」と音楽関係者。

 早くも2枚目のメジャーシングル「SPARK!」の12月リリースも決まった。多くのグループが乱立するアイドル界に、新たな風を吹かせることはできるか。