芳根京子 意外な夢明かす「調理師の免許取りたい」

2017年10月03日 13時49分

イベントに出席した芳根京子

 女優の芳根京子(20)が3日、都内で行われたベネッセi―キャリアの新サービス「DODAキャンパス」説明会に出席した。

 イベントでは、就職活動中の学生向けの新サービスが紹介された。学生の経験やボランティア歴などを基に「キャリアノート」をアプリ内で作成。それを見て興味を持った企業から、オファーが届くという「マッチングアプリ」だ。

 芳根は2016年後期のNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを務めた。撮影を振り返り「私も人間なので落ち込むこともある。でも、高い壁を乗り越えた時に見える景色など達成感がある」と打ち明けた。続けて「就職活動と同じように、不安な時もある。高い壁があっても、それをブチ壊していいやって思っていました」と苦難を乗り越える秘訣を語った。

 イベントには同年代の学生たちも出席。学生へのメッセージを求められると「今までいろんなオーディションを受けてきた。1次で落ちることもあったけど、いま発揮できる力を120%出すのが大事。もしダメでも次につながる気がします」と自身の女優のキャリアに重ねて、熱っぽく語った。

 また今後の目標を聞かれると「料理が好きだし、調理師の免許や栄養指導の資格を持ちたい」と意外な夢を明かした。